小紋工房.web

~生地商品紹介サイト~

エコ・サステイナブル生地 綿を無駄なく使う再生繊維【キュプラ】とは

サステイナブルで注目の再生繊維「キュプラ」

「キュプラ」とは

キュプラは、天然素材「綿」を原料とした環境にやさしい”再生繊維”の一つです。

キュプラの原料は「コットンリンター」と呼ばれる、綿の種子(コットンシード)についた産毛部分の繊維で、それを酸化銅アンモニア溶液に溶かして繊維を形成する製法で作られています。”キュプラ”という名前は「銅」の意味をもち、この製法から名前がつけられています。

「コットンリンター」は綿糸に使えない部分なので、キュプラは綿の有効利用という面で優れたサステイナブル原料なのです。

「キュプラ」の魅力

なめらかな肌触り
繊維の表面に丸みがあるので、滑りが良い生地感です。
ドレープ感もあるので、きれいなシルエットの服に仕上がります。
きれいな光沢感
なめらかな肌触りに加え、高級感を醸し出す光沢感もあります。そのため、高級スーツの裏地にもよく使われます。
吸湿性・透湿性
湿気を吸いとり、生地の外に放出してくれます。そのため、肌着にも重宝されています。
静電気に強い
静電気が発生しにくい面でも、裏地に最適です。
この点で、ポリエステル・ナイロンなどの低価格な合繊繊維の弱点を克服してくれます。

「キュプラ」は”エコ”素材

キュプラは「再生繊維」の一つです。


「再生繊維」には木材パルプや綿などの天然素材を再生して作った「植物系」とペットボトルを溶かしてポリエステル繊維として再生した「化学系」があり、キュプラは「植物系」の再生繊維に該当します。

キュプラは本来廃棄されるはずの綿の未利用の部分を使用してつくられます。また、植物系の再生繊維は微生物によって分解されるので、焼却の際に有害物質が発生しません。

キュプラ ギャラリー

Inner Image

KOMONKOUBOU.WEB
-小紋工房-

日本の伝統芸術「江戸小紋」のように、伝統のある魅力的な素材を創り続ける「工房」です。
生機からP下・無地染め・プリント・後加工まで、企画から一貫した生産設備を背景に、小ロット生産・1反からの即出荷・別注染めにもスピード対応致します。
約43,000余種の在庫ストックを常備し、大阪・東京・名古屋のショールームでは、いつでも全商品の見本がご覧いただけます。
私たちは、お客様の笑顔を何より大切に、新鮮な新素材・新商品をご提案いたします。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Evernote
Send to LINE
Translate »